• 小田急線柿生駅 徒歩3
  • 専用駐車場有

予防接種

予防接種とは

予防接種画像

当クリニックは、予防接種としてインフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。ワクチンとは、細菌やウイルスなど感染症の原因でもある病原体を無毒化、もしくはその毒性を弱めるなどした薬剤で、これを接種することで罹患したことのない感染症であっても免疫がつけられるようになるので、その感染症に罹患しにくくなるほか、万一感染してしまったとしても重症化するリスクは低減されます。
予防接種は個人の身を守るために行うという面だけでなく、予防接種を受けることができない方々などへの感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。

インフルエンザワクチン

いくつかあるインフルエンザの予防対策の中で最も有効と考えられているのがインフルエンザワクチンの接種です。これは年齢によって接種回数が異なり、13歳未満のお子さんは計2回、13歳以上の方は1回の接種となっています。なお接種を2回する場合は、1回目を接種してから2~4週間ほど期間を開けて受けるようにしてください。

同ワクチンをより効果的なものにするには接種時期も重要です。日本ではインフルエンザは、毎年12月~翌3月頃までに流行します。またこのワクチンの持続期間は約5ヵ月とされ、接種後に効力が発揮されるまで約2週間の期間が必要といったことから考えると、高い効果を期待するならば、11月中旬頃までに接種を受けるようにしてください。なお接種後も手洗いやうがいといった予防対策は引き続き行っていきます。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、細菌やウイルスなどの病原体、あるいはアレルギーといったことが原因で肺が炎症を引き起こしている状態を言います。肺炎によって、発熱、咳、痰、息切れといった症状がみられるようになります。なお、原因は上記でも挙げたように様々あるわけですが、成人にみられる肺炎の多くは肺炎球菌の感染による発症です。

この肺炎は、日本人の死因第5位(2017年(平成29年)厚生労働省「人口動態統計」)でもあり、その肺炎でお亡くなりになった方の95%以上が65歳以上の高齢者です。つまり肺炎は免疫力が低下しやすい高齢者、基礎疾患のある方などが発症しやすいと言われています。
このようなことから、重症化しやすい高齢者の肺炎を予防するのに有効とされているのが肺炎球菌ワクチンの接種です。なお、高齢者の肺炎球菌ワクチンは定期接種の対象となっており、川崎市でも費用の一部を助成しています。ただ、すべての高齢者の方を対象とはしていません。詳細は、川崎市の公式ホームページをご参照ください。

同ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎に罹患しにくくなるほか、感染したとしても重症化するリスクは低くなります。なお肺炎球菌ワクチンは、定期予防接種の対象でない方でも接種は可能ですが、その場合は全額自己負担となります。

ちなみに肺炎球菌ワクチンを接種後、5年以内に再び接種すると注射部位の痛みが強く出るようになりますので、再接種をする場合は必ず5年以上の間隔を空けるようにしてください。

院長
二森 浩行
診療内容
内科全般、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、消化器疾患、胃カメラ(胃内視鏡)、皮膚疾患、在宅医療・緩和ケア、予防接種、検診・健康診断、自由診療(禁煙外来 等)
最寄駅
小田急線柿生駅 徒歩3
ご利用
可能な
キャッシュ
レス決済
  • VISA
  • MASTER
  • unionpay
  • iD
  • WAON
  • nanaco
  • Suicaほか 各種交通型電子マネー
診療時間 日祝
9:00-12:00 診療 診療 診療 診療 診療
訪問診療
12:00-15:00
診療 診療 診療 診療
15:00-18:00 診療 診療 診療 診療

休診日:木曜日、土曜日午後、日曜日・祝日

044-987-1177 WEB予約
このページの上へ