• 小田急線柿生駅 徒歩3
  • 専用駐車場有

脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症画像

脂質とは血液中に含まれるもので、いくつか種類があります。その中でもLDL(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中世脂肪)が過剰、もしくはHDL(善玉)コレステロールが少ないという場合は、脂質異常症と診断されます。その基準は空腹時の血液検査で判定することができます。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL(高LDLコレステロール血症)
  • 中性脂肪≧150mg/dL(高トリグリセライド血症)
  • HDLコレステロール値<40mg/dL(低HDLコレステロール血症)

動脈硬化と関連が深いLDLコレステロール

上記の表を見てお分かりの通り、脂質異常症は3つに分類されます。そのうち動脈硬化と最も関連が深いと言われているのがLDLコレステロールです。LDLコレステロールというのは、細胞膜やホルモンの原料とされるコレステロールを全身の細胞に運ぶもので、中性脂肪はエネルギーを蓄えるという役割があり、体にとっては欠かせないものです。しかし、LDLコレステロールが血液中で過剰になれば、やがてそれが血管内に蓄積するなどして動脈硬化を起こすようになります。この疾患も自覚症状が出にくいので進行させやすく、気がつけば血管が狭窄、あるいは血栓などによって詰まるなどして、狭心症・心筋梗塞、脳卒中といった重い合併症を引き起こしてしまう可能性があります。

脂質異常症は自覚症状が現れにくいため健康診断の結果から、LDLコレステロール値などの数値異常を指摘されて内科受診を勧められたというケースも多く見受けます。

原因

脂質異常症になりやすい体質(遺伝的素因のある)の方が、高カロリーや高脂肪食を中心とした食事、慢性的な運動不足、喫煙・飲酒といったことを行うことで発症するとされる原発性脂質異常症と、別の病気(糖尿病、甲状腺機能低下症、腎疾患 など)や薬の使用(ステロイド薬の長期使用)などがきっかけとなって発症する二次性脂質異常症が考えられます。

治療について

どのタイプであってもまずLDLコレステロールの数値を下げることから始めていきます。基本は生活習慣の改善(食事療法、運動療法)で、それだけでは改善の兆しが見られない場合に併行してLDLコレステロールの数値を下げる薬を服用していきます。

院長
二森 浩行
診療内容
内科全般、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、消化器疾患、胃カメラ(胃内視鏡)、皮膚疾患、在宅医療・緩和ケア、予防接種、検診・健康診断、自由診療(禁煙外来 等)
最寄駅
小田急線柿生駅 徒歩3
ご利用
可能な
キャッシュ
レス決済
  • VISA
  • MASTER
  • unionpay
  • iD
  • WAON
  • nanaco
  • Suicaほか 各種交通型電子マネー
診療時間 日祝
9:00-12:00 診療 診療 診療 診療 診療
訪問診療
12:00-15:00
診療 診療 診療 診療
15:00-18:00 診療 診療 診療 診療

休診日:木曜日、土曜日午後、日曜日・祝日

044-987-1177 WEB予約
このページの上へ